前髪はげの予防にやっておくべき5つのコト

前髪ハゲには予防が大事

早いうちから予防をしているかしていないかで、この先前髪がハゲるかハゲないかは大きく変わってきます。
一度はげた前髪をもう一度生えさせるのはとっても大変ですが、前髪がはげないように予防するのは何倍も簡単なことです。

人よりおでこが広い気がする、前髪が薄くなってきている、そう感じたらまずは前髪がはげないように予防を始めることが大事です。
早いうちからハゲ予防をしていた人はしていなかった人に比べて、60歳の時点で前髪がある確率が28%高いと言われています。
前髪はげの予防はどれも簡単なものばかりですから、以下の6つの予防法を早速実践してみてください。



前髪のはげ予防に育毛剤は必須!
前髪に限らずハゲるのを予防するのであれば、育毛剤は絶対に必要です。
ひと昔前の育毛剤は髪の毛に栄養を与えたり、頭皮を刺激して血行促進を図る程度のものでした。

しかし最近の育毛剤は前髪や頭頂部の毛母細胞を直接刺激して、髪の成長をダイレクトに促してハゲを予防することが可能になりました。
また男性型脱毛症の最も大きな原因となっている、ジヒドロテストロン(男性ホルモンの一種で脱毛ホルモンとも言われる)の生成を抑制する効果もあります。

育毛剤を使うか使わないかで、将来前髪がハゲるかハゲないかは大きく違ってきます。
前髪の成長を司るのは毛母細胞で、前髪がハゲる原因の多くは男性ホルモンです。

それらに直接影響を及ぼすことができるのは唯一育毛剤だけで、前髪のハゲ予防において最も重要な役割を担っています。
ここ数年の育毛剤の進化により、前髪のハゲ予防に良い育毛剤はいくつか見当たりますが、その中でも最もお勧めなのがイクオスです。

前髪の抜け毛を防止して髪を強く成長させてくれる育毛剤で、効果がないと感じたら全額返金してもらえる返金保障制度もついています。

イクオス公式サイトはこちら




禁酒禁煙で前髪ハゲ予防


昔からよく耳にする話ではありますが、喫煙や過度の飲酒が前髪ハゲに影響しているというのは科学的にも証明されていることです。
アルコールには男性型脱毛症の主な原因となっている、ジヒドロテストロン(男性ホルモンの一種で脱毛ホルモンとも言われる)の生成を促す作用があります。
適量の飲酒であれば問題ありませんが、過度の飲酒は前髪ハゲの原因となる体内ホルモンを増やしてしまうことになります。

またタバコに含まれているニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があります。
前髪がハゲるのを予防するためには血行を促進して、毛母細胞へ栄養素や酸素が行き渡りやすくしてあげることが大切です。
毛細血管が収縮すると血流が悪くなるために、前髪の成長に必要な栄養素や酸素が不足することにつながります。

しかしストレスを感じるほどの無理な禁酒や喫煙は、反対に前髪がハゲる原因となります。
無理をして我慢するとストレスを溜め込むことになってしまい、それが原因で前髪がハゲることも考えられます。
我慢は精神的に余裕が感じられる程度にして、お酒やタバコの量を控えるくらいでも十分に前髪のハゲ予防になるでしょう。



前髪がはげる髪型と帽子のかぶり方


前髪ハゲを予防するためには、髪型や帽子のかぶり方にも気をつけておきたいところです。
嘘のような本当の話ですが、前髪は後ろに引っ張られることでそれに順応しようとして、徐々に後退していく可能性があります。

日本人女性には襟足が立って生えている人が多いのですが、それは先祖が日本髪で常に襟足を結い上げていたからと言われています。
前髪も襟足も、引っ張られる方向に徐々にくせ付いていくのが髪の毛の性質です。

前髪がハゲるのを予防するなら避けておきたい髪型はオールバック、特に前髪が引っ張られるような形で後頭部で結ぶようなスタイルはNGです。
髪の長い男性であっても、前髪ハゲを予防するなら髪は束ねないようにしましょう。

また帽子をかぶるにしても同じ考え方で、前髪を後ろに流して帽子をかぶるのは前髪がハゲる可能性が高くなります。
前髪に無理な力がかからないように、前髪を自然に下に落とすか、せめてサイドに流すようにして帽子をかぶるようにしましょう。

帽子はそもそも毛穴が詰まる原因にもなるので前髪ハゲ予防の意味ではかぶらないのが1番ですが、どうしてもかぶりたいという時には前髪に負荷がかからないように気をつけましょう。



前髪はげ予防に栄養は必須
血流が悪くなると毛母細胞へ髪の成長に必要な栄養素が行き届かなくなり、前髪がハゲる原因となってしまいます。
逆に言えば髪の成長に必要とされる栄養素を毛母細胞にたっぷりと届けてあげることは、前髪のハゲ予防につながります。
前髪のハゲ予防に良いとされる栄養素は、たんぱく質・亜鉛・ビタミンB6・ビタミンEの4つです。

たんぱく質を多く含む食べ物
肉・魚・豆腐・納豆・卵

亜鉛を多く含む食べ物
牡蠣・カシューナッツ・豚レバー・牛肩肉・チーズ・うなぎ・豆腐

ビタミンB6を多く含む食べ物
にんにく・酒粕・マグロ・シャケ・青魚・チーズ・アーモンド・レバー

ビタミンEを多く含む食べ物
いくら・いわし・めんたいこ・モロヘイヤ・大根・かぼちゃ・ホタルイカ・はまち・しそ

前髪を含む髪の毛は90%以上がケラチンタンパクから構成されていますが、ケラチンタンパクの原型となるのがたんぱく質です。
食べ物から摂取されたたんぱく質は亜鉛やビタミンB6によって髪の毛へと作りかえられます。

そしてそれらの栄養素を運搬するのが毛細血管で、ビタミンEには毛細血管の血行を良くする働きがあります。
これら4つの栄養素をしっかり摂ることは、前髪ハゲを予防することにつながります。



睡眠と前髪がはげる因果関係


充分な睡眠をとることは前髪がハゲるのを予防することにつながります。
しかし前髪のハゲ予防の為の睡眠はただ長く寝ればいいというわけではなく、決まった時間に規則正しく寝ることが大切です。

前髪のハゲ予防に最も良い睡眠の時間帯は10時から2時になります。この時間にぐっすり眠ることで、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンや女性ホルモンが分泌されます。
夜が遅い方であっても前髪のハゲ予防を考えるのであれば、できる限り10時から2時の間には寝るようにしておきましょう。



シャンプー&マッサージで前髪ハゲ予防


シャンプーやお風呂上がりの頭皮マッサージを丁寧にしてあげることは、前髪のハゲ予防に関係してきます。
昔から朝シャンは前髪からハゲるなどと言いますが、あれは朝であまり時間が無いために、シャンプーの成分を流しきれずに終えてしまうからだと言われています。

髪に少しでもシャンプーの成分が残っていると、それが酸化して毛穴の詰まりの原因になってしまいます。
毛穴に汚れが詰まっていると、単純に生えてくる髪の毛が細くなってしまいす。

毛穴を健康に保って髪の毛が成長しやすい頭皮環境を作ってあげることは、前髪のハゲ予防にも重要なので、シャンプーはしっかりと洗い流してあげるようにしましょう。

またシャンプー後の頭皮マッサージも前髪がハゲるのを予防してくれます。
頭皮をマッサージすると毛細血管が刺激されて、血行が一時的に良くなります。

血行を促進することは前述の通り髪の毛の成長を促すことになりますから、前髪のハゲ予防になります。
余裕があればトニックなどを使ってマッサージしてあげると、さらに前髪のはげ予防にいいでしょう。